DHA

ドコサヘキサエン酸は、魚等の食品の多く含まれており、多くの効能・効果を持っている為、サントリー等のメーカーのサプリメントが大人気です。
DHAは、摂取量の基準はなく、副作用も殆どないので、不足しないようしっかりと摂取するようにしましょう。

DHAって本当に賢くなるの?

昔から日本人が賢いと言われていたのは、魚を多く食べていたからと聞いたことがありますよね?

DHAは、青魚やマグロに多く含まれていて、脳を活性化させる為にとても大事な栄養素なのは様々な研究から証明されています。

この為、脳の発育が活発な赤ちゃんには特に必要で、最近の粉ミルクには、殆どDHAが入っているんですよ。
この様な事からもDHAの重要さがわかりますよね。

実はDHAには、脳への働きだけでなく、花粉症や血液サラサラにする効能もあり、最近はサプリメントで注目を集めています。

当サイトでは、そんなDHAをわかり易く解説していますので、しっかり学んで下さい。


もっと詳しくDHAを知る。

さて、ここからもう少し詳しく解説します。
DHAは、ドコサヘキサヘン酸と呼ばれる脂肪酸です。

脂肪と聞くと嫌なイメージが沸きますがご安心下さい。
牛や豚の動物性の脂肪とは違い、中性脂肪やコレステロールを低下させる働きを持つ脂肪の事です。

さらに詳しく知りたい場合は、DHAは不飽和脂肪酸の仲間をご確認下さい。

DHAの効能。

以下より、代表的なDHAの効果を記載しますので、ご確認下さい。

脳を活性化させます。

脳の回転が速い人と遅い人の違いは、脳の神経伝達物質に差があります。
DHAは、脳内にある神経伝達細胞であるシナプスの材料となるだけでなく、これらの細胞を活発化させる働きがあります。

血液をサラサラにします。

DHAは血液の粘りの原因となる中性脂肪や血中コレステロールを低下させます。又、赤血球や細胞膜や血管壁を柔らかくする作用もある事から、血液をサラサラにする為には欠かせません。

動脈硬化・脳卒中を予防します。

上記で解説したとおり、血液の流れを良くしますので、血管内に血栓が出来るのを防ぐなどから、動脈硬化や高血圧や高脂血症、脳卒中を予防する事がいわれています。

さらに詳しく知りたい場合は、DHAの効能をご確認下さい。

DHAが多く含まれている食品。

可食部100g中に含まれるDHA含有量を下記に紹介します。

サプリメントで摂取する場合には、EPAと一緒に。

DHAと同じような効能を持つEPAは、血液をサラサラにし、各種の生活習慣病を予防するなどが期待できます。

DHAとEPAを一緒に摂取した方が良いといわれているのは、コレステロールを下げる効能はDHAの方が高く、中性脂肪を低下させる効能についてはEPAが高いといった、お互いで得意分野が厳密には異なっています。

この為、この2つは同時に摂取する事で、相互的に有効に働くことが期待出来ます。

もっと、具体的な説明はサプリメントの選び方を参考にして下さい。

DHAは、妊婦さんにもとても大事な栄養素です。

妊娠中は、お腹の赤ちゃんの分の栄養素も必要となる事から、殆どの栄養素を普段より多く摂取しなくてはなりません。

中でも、ビタミンB群の葉酸は、胎児の神経管がうまく作れずに招く神経管閉鎖障害のリスクを大幅に低減する為、積極的な摂取を求められています。

実はDHAも、妊婦さんに必要不可欠なのです。

妊娠中にDHAをしっかりと摂取する事で、、聡明な脳の発育や、胎児の出生体重の増加・早産の回避などの効果が報告されている為、不足しないようしっかりと摂取したいところです。

さらに詳しく知りたい場合は、DHAは妊婦さんに重要をご確認下さい。


Copyright (C) 2010 dha-wiki.com. All Rights Reserved.